飲食系の求人関連情報一覧

清掃・管理・警備の求人関連情報一覧

ようこそ求人企業見聞録へ

ここでは、企業がどのような思いで会社を運営しているのかを語ります。

最新ニュース

ようこそ。見聞録へ…このサイトでは、アナタの就職活動をお助けするために、求人を題している企業の理念や取り組みを紹介していくサイトです。近年多くの企業が生まれては消えると言うような時代になっているのですが、そのそれぞれに想いがあり、日々活動をしているのです。

特に、求人サイトでは時給や給料面や待遇などの紹介に力を入れていますが、実際のところ入ってからの事を考えると私達は思うのです。入ってからどのようなことをするのだろうか。どんな思いで日々仕事をしているのだろうか。と思うのではないでしょうか。

私達はそうした事を読み取りあなたに届けていきます。下記に私達のサイトを見て就職した方の声を記載します。

憧れの『クレープ屋』で働く話 

クレープ屋と聞いて思い出すのは甘い匂いに呼ばれてきたお客様をどういう風に丁重におもてなしをするかである。店の看板の端に【急募!!お客様はあなたが作ったクレープを待っています!!】と募集のポスターが貼り付けてありました。私も学生の頃に何度もクレープ屋の甘い匂いに誘われて買った記憶が蘇りました。あの時のように、この匂いに誘われている子は他にもいると思いました。急に私は、お手伝いがしたいと思い応募しました。面接はすぐ合格したのですが、実技がなかなか上手くいかずお客様にご提供するまでに時間がかかりました。上手くいかない時は、必ず先輩スタッフが前に立ち口ぱくで教えてくれるのですが、最初は上手くいきませんでした。

クレープは来るまで販売してある店もあります。車ではせいぜい2名が限界なのですが、私が面接に合格した店は、スタンドで最大4人も入れるので、先輩スタッフ達と共同で作業することも多くありました。同じ時期に入った子と始めて一緒に仕事をしました。その子も、先輩スタッフの技を盗む為に必至のようでした。努力しているのは誰でも一緒だと思いました。女性の先輩スタッフの真似をしていたので私は勝手に技術的にも何もかもその子達と同じだと思っていました。ですが、他のスタッフは私よりも格段と上手にクレープを焼けるようになっていました。私は、何が駄目だったのかを考えました。先輩スタッフを含めた人達が私よりうまく出来たのは、最後においしいクレープをお客様に届けるという気持ちがあったからだと分かりました。

バイキングの従業員への転職

社会人になり5年目が過ぎようとしている今の時期に、馴染みの店が人を募集しているのを聞き軽率に職を変えようとしているわけではありません。もともと料理人か会社員を選ばなければいけない時に料理人を選びませんでした。でもまさか、こんなにも転勤を繰り返すことがあるとは考えてもいませんでした。最終的に給与などへ何も反映されないこの仕事では体がもたないと考えていました。そんな時に偶然、目に入ったのが馴染みの店の情報でした。私は決意しました。仮に給与などに反映されていればやる気も起こったが何もなかった事に失望したのでした。

馴染みの店の求人を見て、店主に私の気持ちをお伝えしました。『会社に転職の手続きをすぐにとりますのでココで働かせて下さい。お願いできますでしょうか?』私は、嘘偽りなく正直に話しました。店主は、最初少し戸惑っている感じでしたが、最後の方は納得しながら、なるべく早く来てくれることを願っています。と言いながら私安心できるように、仕事を辞めた後の雇用の事に関しても詳しく対応してくれました。

憧れていた仕事に就くまで

学生の頃に雑誌やテレビで凄く流行して今のようになった。今では町の何処へ行ってもネイルに関連する店を良く見かけるが、十数年前まではネイル関連は今のような感じではなかった。私がちょうど、就職活動をしている時にネイルに関する報道を目にしました。その前からネイルの店で働くスタッフの姿には憧れはありました。ですが、それを仕事にしていいのか迷っていた時期でもありました。あの報道が、迷っていたあの時の私の背中を後押ししてくれたので、ココまでやってこられたのだと思いました。あの一瞬かも知れないが偶然に目にした報道がなければ、今の道を私は歩んでいないと思います。

憧れていたネイルサロンでスタッフとして働く事になった初日は本当に緊張しました。基本的なことは学校で習ったのですが、思うように体が動かなくて初の社会生活で体が緊張しているのを感じました。初出勤の時ですが、お手洗いに行くときに壁に「従業員 求む!」と書いてあるポスターを目にしました。そのポスターは私の緊張の増力剤になりマスマス高度の緊張状態が続きました。私は、新人として入ったが思ったよりも使えないので次のスタッフを早くも探しているのだと思いました。昼になっても、私の態度がおかしいのを気付いた先輩スタッフが気を使ってくれた時に、緊張している理由を話せと言われたので、ポスターの事を話しました。そうすると先輩は、あれは見せかけで古くから貼ってあるものだから気にせずに仕事に集中すれば言いとアドバイスを頂けました。

大阪から奈良に向うと時に寄った店 

働きたいと思い仕事や店を探していたわけではなく、旅行中の道中で偶然見つけたその店を見て感じたときに私は、転職を考えました。ちょうど今の職場も7年目で自分の実力を試したいと思っていた時に出逢った店なので私の転機にはちょうど良いと思いました。店に入り最初に聞いたのが今の仕事場であった。人を雇うか雇わないかは主人に一任していますので主人が首を立てに振らない限りは人を雇うことはありませんといわれました。それでは、雇っていただけるかはお主人に伺いますが、1つ聞いても宜しいですか?私はこの店を勝手に『隠れ家 浦田』と呼んでいますが、本当の店名は何なのでしょうか?『隠れ処 浦田です』と教えてくれました。

働いているのは、店主だけなのか他のスタッフを知らない

『隠れ家 浦田』ではなく『隠れ処 浦田』では、奥様に他にスタッフはいないのか伺った所、少し以前はいたのだが、急な転勤に伴い辞めてしまったと聞きました。これは、次のスタッフを探しているかも知れないと好機だと感じました。ご主人が戻られるのを待ってお伺いしたところ、次の募集に関して今は考えていないが、次回応募をお願いするならホールではなく、調理スタッフを希望したいと話しを聞きました。これは私にとって本当の好機でした。今の職場で7年ですが調理師として働いているので、その事を紹介させて頂けば私の事を認めてくれて、転職を認めてもらい働かしてもらえると思い話した所、ご主人は私のことを試験的に採用するとして試験期間が始まりました。

つぶやき一覧

    • どちらかと言えば

      赤より青のほうが好きなんですよ。

    • えへへ…えぇ

      うるさいんですよ。

    • 私は・・・・

      猫舌なんです。アチアチアチアチアチー

    • 富島さんを谷川愛梨?

      それ無茶ちゃいますー!?

    • 笑ってるんじゃないんです

      つられ笑いしてしまうんですよ。

    • オリンピックは

      まぁ全般的に興味ありますよえぇ…

    • なんなんですか!

      それなんなんですか…照笑

    • 更新中ですか~!?

      なんでCSSが効かないのぉ~!?

    • それ住所どこですか!?

      出版停止させますわぁ~!どこですか!?

    • はぁ…寝れなくなるんです。

      結局泣き寝入りじゃないですか・・・

    • コレなんですか!?

      気持ち悪い…私ですやんか。照笑

    • あぁ…興味ないです。

      はい、全く・・・

    • その辛さは・・・

      例えて言うとココ壱のカレーのレベルどれくらいですか?

    • だ・か・ら・・・

      それが私なんですよ・・・えぇ・・・

    • お茶でないんですよ。

      本当は出るんですよ。けど、マズイんです。

    • 神社は・・・

      行ったら事故に遭うんですよ。

    • 黒く塗りつぶしましたよ!

      悪夢見て…警察にドンドンされましたよ…

    • 私は小学校の頃

      バット5本でバーンですよ。えぇ…思い出したくもない。

このサイトは、企業の理念を紹介しアナタに実際に働くイメージを届けるサイトです。

Copyright © 2014 企業の理念を紹介する求人企業見聞録 All rights reserved.